九州工業大学|学生自身の達成度評価による学修意識改革


学習成果自己評価シートをベースとする
自己評価システムの構築

 学修に対する学生の自己管理能力と学修意識を高めることを目的として、「学習成果自己評価シート」を用いた、学生自身による学習・教育目標の達成度評価を実施して来ました。この実績をもとに、「学修自己評価システム」を開発しています。これまでの紙シートベースに比べて使いやすく、学生自身により学修目的と動機を明確化し、自己管理能力の向上を図れるようになっています。
 さらに、自分の学習成果物を記録・保管し、就職活動の際にはエントリーシート作成にも役立つシステムへと拡張されます。この「学修自己評価システム」を活用して、学修意識を高める取組を行っています。

■ NEWS